西田司法書士事務所

相談無料!相続、登記のことならお任せ
TEL:058-322-3203

メールはこちら
取り扱い業務一覧
その他
遺言書作成

なぜ遺言書が必要なのか?

一言で言うと「相続トラブルを避けるために不可欠なものだから」です。

あなたが亡くなった際、葬儀が終わり次第すぐにあなたの遺産について相続手続き(遺産分けの話し合い)が始まります。
あなたを失ったご家族の悲しみは計り知れないものがあるでしょう。しかしすぐそこには現実が待ち受けています。

相続手続きは相続人全員の話し合いで進める必要があるため、一人でも賛成しない方がいると話し合いは成立しません。

遺産分けの話し合いがまとまらず、相続をきっかけとして家族の関係に亀裂が入り泥沼になり、最終的に裁判まで発展することも珍しくありません。
ご自分の遺産のことで家族が崩壊し、いがみ合い、疎遠になることを望む方は少ないでしょう。

遺言書さえあれば、遺産は遺言書のとおりに分け合うことになり、ご遺族の間で遺産分けの話し合いをすることなくスムーズに相続が行えます。

遺言書を残すことで、遺産分けにおける家族間のモメ事、感情のもつれからくる意地の張り合い、多額の弁護士費用や裁判費用、望まざるマイホームの売却、 人間関係の崩壊などのトラブルからあなたの大切な家族を守ることができるのです。

遺言書はあなたの人生の集大成です。
大切な家族を深刻な相続トラブルから守るために、遺言書の準備をしておきましょう!

注)遺言は相続トラブルのリスクを最小限にするものですが、ゼロにするものではありません。 遺言書があっても、他の相続人から遺留分や遺言の有効性をめぐって紛争が起きる可能性は残ります。


遺言書の種類
自筆証書遺言 「自筆証書遺言」とは、その名の通りご自分で書いた遺言書のことを言います。
紙とペンと印鑑さえ用意すれば、今すぐにでも書くことのできる遺言書です。

法的に有効性があるか、不備がないかなどを専門家にチェックしてもらう場合でも、比較的安価でお手軽です。

ただし、せっかく用意しても死後に発見してもらえなかったり、発見した人によっては不利だと判断され破って捨てられてしまったり、偽造されるリスクを秘めています。
また、相続が発生した際には家庭裁判所での検認手続きが必要となり、実際に遺産を使用できるようになるのに2ヶ月程度を要します。

  
公正証書遺言

「公正証書遺言」とは、あなたの遺言に「公のお墨付き」をつけた、もっとも確実な遺言書です。
公正証書遺言の原本は公証人によって保管されますので、紛失や偽造の心配もありません。

文面の作成や必要書類の収集は相談のもと専門家が行いますので簡単に作成できます。

相続が発生した際も検認手続きも必要なく即座に遺言を執行できるため、ご遺族の負担が軽くなります。

自筆証書遺言と比べると多少の費用はかかりますが、はるかに安全・安心・確実なため、非常にお勧めです。


業務メニュー

自筆証書遺言(自作の遺言書)のチェック

定額:31,500円

あなたが作成した遺言書に法的に有効性があるか、不備がないかなどチェックを行います。
お打ち合わせにより相続人や財産の確認を行い、法的に効力のある遺言書の作成を支援いたします。

自筆証書遺言の作成サポート

定額:52,500円

「遺産をどのように分けたらいいか迷っている」「家族に心穏やかに遺産分割をしてもらいたい」
そんな方のために、法的に効力のある形式を整えるのは当然のこと、 ご遺族のこれからの生活を見据えた遺産分割案の検討を、ご一緒にいたします。
また、残された家族が気持ちよく相続できるように配慮した遺言書の書き方をご案内いたします。
オプションとして書類による相続人の確定業務、財産目録の作成も行えます。(別途費用が必要です)

自筆証書遺言の保管

年間:10,500円

ご用意いただいた自筆証書遺言を紛失・偽造・破棄などのリスクから守るため、ご家族に代わり責任を持ってあなたの遺言書を保管いたします。

公正証書遺言の作成サポート

定額:126,000円+公証人手数料

ご相談をしながらご遺族のこれからの生活を見据えた遺産分割案の検討、 ご遺族が気持ちよく相続できるように配慮した遺言書の作成を行います。
戸籍に基づき相続関係説明図の作成を行い相続人を確定します。
財産については預金や不動産などあらゆる財産を確認し、財産目録の作成を行います。

遺言執行業務

執行する財産の個数ごとに
定額:31、500円

故人の残した遺言書に基づいて、速やかに遺言の執行を行います。
※登記にかかる登録免許税等の実費や裁判費用は別途です。

相続トラブルの原因

そもそも、なぜ相続の話し合いがトラブル(話し合いが成立しない状態)に発展するのでしょうか?
一部ですが、ケースごとにご紹介します。

ケース1 環境の変化

一緒に育った兄弟姉妹でも、独立して自分の家庭を持つとそれぞれ事情が違ってきます。
できれば少しでも多くもらっておきたいという気持ちが生じるのが人情です。

ケース2 兄弟姉妹への不満

親が健在のうちは中々口にだせなかった兄弟姉妹への不満が一気に噴出し、トラブルに発展します。
このような場合は感情面も絡むので、解決がいっそう難しくなるのです。
また、「もらえるものはもらっておこう」という権利意識の高まりがさらに追い討ちをかけてきます。

ケース3 そもそも相続人と話し合いができない

身近な兄弟姉妹でさえ相続トラブルになりやすいのに、 様々な事情によって相続人に異父母兄弟姉妹、甥・姪、認知症の方、行方不明者がいたいりすると事態はいっそう深刻を極めます。


心身ともに元気な今こそ、遺言書を残しましょう

「遺言書」と聞くと、「何となく重たい」「縁起でもない」「死期の迫った人の用意するもの、わたしはまだ早い」と感じ敬遠される方が多いと思います。

しかし、人はいつ何時突然の不幸が襲ったり、認知症を発症し自分の意思を示せなくなるかわかりません。 そうなった後では手遅れですので、遺言書は元気なうちに書くべきです。
また、遺言書は家族をトラブルから守るものですから、むしろ縁起の良いものです。

多くの方が「万が一」を想定し、生面保険に入るのと同じように、遺言書も必要なのです。

また、遺言書には財産のことだけでなく、家族へのメッセージを残すこともできます。
妻(夫)や子供への感謝の気持ちなど、日頃は伝えることができない想いを残すことで、気持ちの整理がつき、これからの人生を活き活きと過ごすきっかけとなります。

まさに、遺言書はあなたの財産と気持ちを整理した人生の集大成と言えるでしょう。

当事務所は、お客様のお気持ちを大事にし、様々なご事情に合わせて遺言書の作成の支援をいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
ご相談、お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。


●電話でのご相談:058-322-3203
受付時間 平日9:00〜18:00
●メールでのご相談:お問い合わせフォームから
365日24時間受付しています