岐阜で相続や遺言、不動産登記や法人登記をお探しの方は、西田司法書士事務までご相談ください

新着情報

土地決済の手続きの流れ

2019年11月2日

土地決済の際は、司法書士が立ち会い、決済手続きをサポート致します。

土地を購入する場合は、重要事項説明、売買契約締結、測量を経て、日程調整の上、金融機関の応接室などで、代金決済(土地決済)と同時に登記を行います。

具体的には、人(売主様・買主様)、物(土地)、お金(代金・ローン)の確認をさせて頂いたうえで、所有権移転・抵当権設定登記を申請します。

お客様にとっては、土地の権利(所有権や抵当権)の確保のほかに、登記にかかる費用も気になるところ。
例えば、代金1200万円(評価額800万円)・ローン1200万円の土地の売買にかかる登記費用は概算次の通りです。

所有権移転登記50,000+印紙代120,000、抵当権設定登記30,000+印紙代48,000、合計256,000円(税込)

具体的金額を確認されたい場合は、気軽にお問い合わせくださいませ。

Pagetop