相続・認知症の悩み解決|岐阜・愛知の相続・家族信託・遺言・贈与を安心価格でサポート

  • 058-322-3203
  • メールでお問い合わせ

コラム

住宅の共有名義|夫婦の資金拠出割合に応じた持分割合

2020年4月11日住宅登記

住宅を購入する場合、夫婦それぞれでお金を出しているときは夫婦の共有名義にします。計算式は次の通りです。

夫の持分割合=②夫の出したお金/①建物購入代金
妻の持分割合=②妻の出したお金/①建物購入代金

 

①建物購入代金とは?

住宅の持分割合を計算するための分母となる建物購入代金に該当するかどうかは概略次のとおりとなります。

【該 当】建物工事代金、エアコン・給湯設備等の付属設備、ローン保証料・手数料、登記代等
【非該当】外構工事費用、火災保険料、家電・家具・カーテン等、ネット加入料等

②夫又は妻の出したお金とは?

・単独債務者となる住宅ローンの額については、債務者となる夫または妻に全額付ける
・連帯債務者となる住宅ローンの額については、収入割合(厳密には返済割合)に応じて夫と妻に振り分ける
・親から相続時精算課税贈与又は住宅取得資金非課税枠贈与を受けて出したお金については贈与を受けた夫または妻に振り分ける
・自己資金を出した場合には、出した側に出した分だけ振り分ける

妻が110万円(暦年贈与の非課税枠)を超えるお金を出したにもかかわらず妻の持分がないと税務署から贈与税を納付するよう指摘される可能性がありますので、上記を参考にして夫婦の持分割合をお決めいただくこととなります。

例えば、建物購入代金を、夫のローン2000万円、妻の自己資金300万円、妻の親からの住宅取得資金贈与1000万円で賄ったという場合の持分は次のように計算します。

夫の持分=2000/3300≒0.6060≒61%
妻の持分=1300/3300≒0.3939≒39%

 

岐阜、愛知で住宅を新築する施主様は、気軽にお問い合わせくださいませ。

住宅登記・料金シート

お問い合わせ

前のページに戻る