相続・認知症の悩み解決|岐阜・愛知の相続・家族信託・遺言・贈与を安心価格でサポート

  • 058-322-3203
  • メールでお問い合わせ

コラム

遺産の調査相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【遺産の名義変更】の順で進めます。遺産の調査期間は、遺産が家と預貯金のみであれば1~2週間ですが、上場株式・投資信託等、賃貸物件、債務などが含まれてくると1か月程度かかるケースもあります。
上場株式・投資信託等の相続相続
相続財産(遺産)の中に上場株式・投資信託等がある場合は【相続財産の名義変更】としての【上場株式・投資信託等の相続手続き】が必要となります。遺言があれば遺言書により、遺言がなければ遺産分割協議書により名義変更します。上場株式・投資信託等を受け取る相続人は、通常の相続手続きのほか、証券総合口座の開設手続きが必要となります。
自動車の相続相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【相続財産の名義変更】の順で進めます。今回は【相続財産の名義変更】のうちの【自動車の名義変更】について解説いたします。自動車の名義変更は車検証の所有者が被相続人かディーラーかにより手続きが異なります。
公正証書遺言の作成方法生前対策
相続において生前対策は重要です。生前対策には【公正証書遺言】【自筆証書遺言】【生前贈与】【家族信託】があります。今回はもっとも汎用性(はんようせい)の高い生前対策としての【公正証書遺言】の作成方法について解説いたします。
預貯金の相続相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【相続財産の名義変更】の順で進めます。今回は【相続財産の名義変更】のうちの【預貯金の解約・名義変更】について解説いたします。預貯金は、遺言があれば遺言書により解約・名義変更し、遺言がなければ遺産分割協議書を作成して解約・名義変更します。
遺産分割協議書の作成相続
遺言書がない場合の相続手続きのポイントは、遺産分割協議書を作成してから遺産(相続財産)の名義変更を行うことです。遺産分割協議書→遺産の名義変更。ぜひこの手順を守ってください。遺産分割協議書を作成しておけば、家の名義変更、預貯金の解約払出、上場株式等の名義変更などで手続きを効率的に進めることができます。
意外にフクザツな住所変更証明書住宅登記
登記上の名義人の住所が現住所と異なる場合は住所変更証明書を添付して所有権登記名義人住所変更登記を申請します。また、相続登記の際に登記記録の名義人の住所が、被相続人(ひそうぞくにん)の最後の住所や本籍と一致しない場合は、同一証明書を添付して相続登記を申請します。住所変更証明書・同一証明書として添付する資料は次の通りです。
家の相続相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【相続財産の名義変更】の順で進めます。今回は【相続財産の名義変更】のうちの【家の相続=相続登記】について解説いたします。相続登記は、遺言がなければ遺産分割協議書に基づき、遺言があれば遺言書に基づき手続きします。
相続人調査・戸籍のあつめ方相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【遺産の名義変更】の順で進めます。今回は、【相続人調査】としての【戸籍の歴史・仕組み・請求方法】について解説いたします。被相続人(故人)の戸籍を死亡から出生まですべて揃えるのがポイントです。
自筆証書遺言の法務局保管制度生前対策
遺言書には、主に公正証書遺言と自筆証書遺言があります。公正証書遺言は信用力の高い遺言書として専門家から推奨される一方で少々敷居が高く、自筆証書遺言は手軽ではあるが紛失等のリスクや相続時の検認の負担があるため専門家を中心に敬遠される傾向にありました。2020年7月10日から始まった自筆証書遺言保管制度は、自筆証書遺言のデメリットを改善し、相続対策メニューを拡充する制度です。
土地の生前贈与生前対策
土地を孫に有効活用してほしい。そんな想いを実現するのが土地の生前贈与(せいぜんぞうよ)です。孫が新築を検討するにあたって、土地を提供することにより、土地購入コストを節約することができます。贈与というと贈与税が心配ですが、今回は住宅用地を孫に贈与する場合のメリットと贈与税を節約する方法をご紹介させて頂きます。
家族信託とは|家族ぐるみの資産承継対策の仕組みとメリット生前対策
家族信託(かぞくしんたく)は、認知症により家やお金などの資産が凍結してしまうことを予防するために、資産の管理を家族に任せる契約です。以下、次の事例をもとに解説いたします。
配偶者居住権の設定相続
配偶者居住権(はいぐうしゃきょじゅうけん)は、故人の配偶者が自宅に住み続けることを、無期限・無償で認める制度です。
住宅ローン控除13 年間の特例住宅登記
住宅ローン控除(減税)は、年末ローン残高の原則1%(年間上限40万円)を、原則通算10年間、所得税額等から控除する制度です。
相続対策として不可欠な遺言書生前対策
60歳から考えておくべき資産承継対策は、大きく認知症対策と相続対策に分けられます。
生前贈与・家族信託・遺言書|60歳からの老後の備え生前対策
人生100年時代。70歳を境に認知症の有病率が上昇し始めることを考えると、自宅や預貯金等の資産が10年~30年凍結される事態が想定されます。
遺言がある場合の相続手続き相続
故人が遺言書を書いていた場合、その遺言が法的に有効なものであれば、相続人の話し合いをせずに、遺言書に基づき相続手続きができます。
保留地で住宅を新築した施主様の登記住宅登記
保留地で住宅を新築購入される施主様の登記は少し特殊です。保留地には区画整理事業が完了するまで登記記録が存在しないため、建物にのみ登記することとなるからです。
土地取得からマイホーム新築までにかかる諸手続き費用住宅登記
マイホームを新築・購入するにあたり遭遇する様々な諸手続きと費用の概要についてご説明させて頂きます。少々細かいですが、5分ほどで読める記事ですので、すこし頑張って最後まで読み通して頂けると幸いです。
すまい給付金|引渡後、ご自身で申請ください住宅登記
住宅を新築した場合、一定の所得の範囲内の方には、すまい給付金が支給されます。すまい給付金の申請は、原則的にご自身で申請いただきます。国土交通省に専用ページがありますが、いきなり読むには情報量が多いので、消費税10%で新築住宅を購入した方向けに簡単にまとめました。
現況非農地に住宅を建築したい場合【非農地証明等】住宅登記
住宅の建て替えなどをする場合において、建築地の一部の登記記録が実は農地だったということがあります。このような場合は、次のような段階を経て住宅建築を進めます。
建売住宅の登記と費用住宅登記
建売住宅の登記については、代金決済日・引渡日から逆算して約2週間前に、施主名義で建物の表題登記を申請します。この表題登記の時に添付する住民票は、引越前の現住所の住民票です。
登記識別情報|再発行不可のパスワード住宅登記
売買、贈与等により土地建物の所有権を取得したときに発行されるのが登記識別情報です。登記識別情報は土地・建物の所有権や抵当権などの権利者に発行される12桁のパスワードです。不動産の権利を有することを証する一つの重要な情報で、万一失くしても再発行されません。
増資(募集株式の発行)と中小企業投資促進税制会社設立
株式会社が増資(募集株式の発行による変更登記)を行う場合、いくらまで増資するか検討する必要があります。資本金を1000万円以下に抑えておけば、法人住民税の均等割の額を抑えることができます。資本金を3000万円以下に抑えておけば、中小企業投資促進税制において7%の税額控除の適用があります。
住宅の共有名義|夫婦の資金拠出割合に応じた持分割合住宅登記
住宅を購入する場合、夫婦それぞれでお金を出しているときは夫婦の共有名義にします。計算式は次の通りです。
新築に伴う住所変更(転居又は転出転入)の手続住宅登記
住宅を新築した場合、住所変更の手続きが必要となります。住所変更の手続きは、市内に引っ越す場合の「転居」と市外へ引っ越す場合の「転出・転入」の手続きがあります。
4~5月に届く固定資産税課税明細相続
毎年4月下旬ころになると固定資産税納税通知書が送られてきます。固定資産税通知書の中には固定資産税の課税明細が同封されています。固定資産税の課税明細は、土地・建物について「売買」「相続」「遺言」「贈与」等を検討するにあたって重要となる固定資産税評価額等の貴重な情報が記載されています。
住居表示実施地区では転居前に新築届をご提出ください住宅登記
住所の表記には次の二つの表記があります。
土地を買った・貰った場合の不動産取得税の徴収猶予住宅登記
土地を売買又は贈与等により取得した場合は、不動産取得税が課税されます。所有権移転登記をした日の4~6か月後に県税事務所から納税の案内が届きます。
登記の種類|よく使う11種類の登記住宅登記
司法書士・土地家屋調査士の登記の専門家が、登記実務でよく使用する11種類の登記についてご紹介させて頂きます。
遺産の調査相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【遺産の名義変更】の順で進めます。遺産の調査期間は、遺産が家と預貯金のみであれば1~2週間ですが、上場株式・投資信託等、賃貸物件、債務などが含まれてくると1か月程度かかるケースもあります。
上場株式・投資信託等の相続相続
相続財産(遺産)の中に上場株式・投資信託等がある場合は【相続財産の名義変更】としての【上場株式・投資信託等の相続手続き】が必要となります。遺言があれば遺言書により、遺言がなければ遺産分割協議書により名義変更します。上場株式・投資信託等を受け取る相続人は、通常の相続手続きのほか、証券総合口座の開設手続きが必要となります。
自動車の相続相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【相続財産の名義変更】の順で進めます。今回は【相続財産の名義変更】のうちの【自動車の名義変更】について解説いたします。自動車の名義変更は車検証の所有者が被相続人かディーラーかにより手続きが異なります。
預貯金の相続相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【相続財産の名義変更】の順で進めます。今回は【相続財産の名義変更】のうちの【預貯金の解約・名義変更】について解説いたします。預貯金は、遺言があれば遺言書により解約・名義変更し、遺言がなければ遺産分割協議書を作成して解約・名義変更します。
遺産分割協議書の作成相続
遺言書がない場合の相続手続きのポイントは、遺産分割協議書を作成してから遺産(相続財産)の名義変更を行うことです。遺産分割協議書→遺産の名義変更。ぜひこの手順を守ってください。遺産分割協議書を作成しておけば、家の名義変更、預貯金の解約払出、上場株式等の名義変更などで手続きを効率的に進めることができます。
家の相続相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【相続財産の名義変更】の順で進めます。今回は【相続財産の名義変更】のうちの【家の相続=相続登記】について解説いたします。相続登記は、遺言がなければ遺産分割協議書に基づき、遺言があれば遺言書に基づき手続きします。
相続人調査・戸籍のあつめ方相続
相続手続きは、葬儀後1ヶ月以内を目途に【初回専門家相談】を受け【相続人調査】【遺産調査】【遺産分割】【遺産の名義変更】の順で進めます。今回は、【相続人調査】としての【戸籍の歴史・仕組み・請求方法】について解説いたします。被相続人(故人)の戸籍を死亡から出生まですべて揃えるのがポイントです。
配偶者居住権の設定相続
配偶者居住権(はいぐうしゃきょじゅうけん)は、故人の配偶者が自宅に住み続けることを、無期限・無償で認める制度です。
遺言がある場合の相続手続き相続
故人が遺言書を書いていた場合、その遺言が法的に有効なものであれば、相続人の話し合いをせずに、遺言書に基づき相続手続きができます。
4~5月に届く固定資産税課税明細相続
毎年4月下旬ころになると固定資産税納税通知書が送られてきます。固定資産税通知書の中には固定資産税の課税明細が同封されています。固定資産税の課税明細は、土地・建物について「売買」「相続」「遺言」「贈与」等を検討するにあたって重要となる固定資産税評価額等の貴重な情報が記載されています。
相続放棄|親交のない親族の相続相続
自分の親や兄弟姉妹が亡くなった場合、訃報の連絡を受け、葬儀等に参加します。葬儀等に参加した後、宗教等にもよりますが初七日、四十九日を経たころに、遺産相続の話を本格的に開始する家族・親族が多いようです。
相続した実家が再建築不可物件?相続
住宅を建築する場合、建築基準法上の道路に2m以上接している必要があります。建築基準法上の道路に2m以上接していない物件は、再建築不可物件として、流通が制限されます。
一人っ子の相続は遺産分割証明書で法定相続登記省略相続
実家が父名義で、父が亡くなったが相続登記(名義変更)をしないうちに、母が亡くなった場合、父母の子が一人であれば相続登記を2回するのが原則です。つまり、父から母・子に2分の1ずつの法定相続分による相続登記をした後に、母の2分の1の持分を子に相続登記するのが原則です。
法定相続人、数次相続、代襲相続、法定相続情報相続
相続手続きは、遺言があれば遺言に従い、遺言がなければ法定相続人全員による遺産分割協議をして遺産を相続することとなります。また、遺産分割協議に参加したくない法定相続人は3ヶ月以内に相続放棄をします。
遺産分割の方法|①現物分割、②代償分割、③換価分割相続
遺言がない場合の遺産相続手続きで必要となるのが、遺産分けの話し合い=遺産分割協議です。遺産分割の方法には、①現物分割、②代償分割、③換価分割という3つの方法があります。
所有者不明私道の対応|不在者財産管理制度の活用相続
ミニ開発(小規模な宅地の分譲等)された宅地の前面道路(私道)は、この前面道路に接する宅地の所有者が共有しあって持分を有するのが原則です。宅地と私道である前面道路の名義を一致させないと、上下水道などのライフライン工事の際に支障となりうるからです。
戸籍中に不明な相続人|不在者財産管理制度の活用相続
相続の際は、亡くなった方(被相続人)の戸籍を出生までさかのぼり、子(実子・養子・孫等)を特定し、子の戸籍も取得していきます。戸籍取得の過程で、子が出てきたが、被相続人の戸籍を出た後の行方が不明で、他の相続人も把握していないケースがあります。遺産を相続するには「相続人全員による遺産分割協議」が必要ですが、このような行方不明者がいる場合はどうするのでしょうか。
公正証書遺言の作成方法生前対策
相続において生前対策は重要です。生前対策には【公正証書遺言】【自筆証書遺言】【生前贈与】【家族信託】があります。今回はもっとも汎用性(はんようせい)の高い生前対策としての【公正証書遺言】の作成方法について解説いたします。
自筆証書遺言の法務局保管制度生前対策
遺言書には、主に公正証書遺言と自筆証書遺言があります。公正証書遺言は信用力の高い遺言書として専門家から推奨される一方で少々敷居が高く、自筆証書遺言は手軽ではあるが紛失等のリスクや相続時の検認の負担があるため専門家を中心に敬遠される傾向にありました。2020年7月10日から始まった自筆証書遺言保管制度は、自筆証書遺言のデメリットを改善し、相続対策メニューを拡充する制度です。
土地の生前贈与生前対策
土地を孫に有効活用してほしい。そんな想いを実現するのが土地の生前贈与(せいぜんぞうよ)です。孫が新築を検討するにあたって、土地を提供することにより、土地購入コストを節約することができます。贈与というと贈与税が心配ですが、今回は住宅用地を孫に贈与する場合のメリットと贈与税を節約する方法をご紹介させて頂きます。
家族信託とは|家族ぐるみの資産承継対策の仕組みとメリット生前対策
家族信託(かぞくしんたく)は、認知症により家やお金などの資産が凍結してしまうことを予防するために、資産の管理を家族に任せる契約です。以下、次の事例をもとに解説いたします。
相続対策として不可欠な遺言書生前対策
60歳から考えておくべき資産承継対策は、大きく認知症対策と相続対策に分けられます。
生前贈与・家族信託・遺言書|60歳からの老後の備え生前対策
人生100年時代。70歳を境に認知症の有病率が上昇し始めることを考えると、自宅や預貯金等の資産が10年~30年凍結される事態が想定されます。
「おふたりさま」夫婦の相続対策|遺言書生前対策
生活スタイルの多様化、晩婚化等により子どもがいない夫婦も増えつつあります。今回は、子どもがいない「おふたりさま」夫婦の相続対策についてご説明します。
公正証書遺言「不(負)動産集約型」生前対策
遺言といえば「公正証書遺言」です。公証制度に基づく信頼性と相続人の負担軽減の観点から、遺言の依頼をお受けする場合は原則的に「公正証書遺言」をお勧めします。
意外にフクザツな住所変更証明書住宅登記
登記上の名義人の住所が現住所と異なる場合は住所変更証明書を添付して所有権登記名義人住所変更登記を申請します。また、相続登記の際に登記記録の名義人の住所が、被相続人(ひそうぞくにん)の最後の住所や本籍と一致しない場合は、同一証明書を添付して相続登記を申請します。住所変更証明書・同一証明書として添付する資料は次の通りです。
住宅ローン控除13 年間の特例住宅登記
住宅ローン控除(減税)は、年末ローン残高の原則1%(年間上限40万円)を、原則通算10年間、所得税額等から控除する制度です。
保留地で住宅を新築した施主様の登記住宅登記
保留地で住宅を新築購入される施主様の登記は少し特殊です。保留地には区画整理事業が完了するまで登記記録が存在しないため、建物にのみ登記することとなるからです。
土地取得からマイホーム新築までにかかる諸手続き費用住宅登記
マイホームを新築・購入するにあたり遭遇する様々な諸手続きと費用の概要についてご説明させて頂きます。少々細かいですが、5分ほどで読める記事ですので、すこし頑張って最後まで読み通して頂けると幸いです。
すまい給付金|引渡後、ご自身で申請ください住宅登記
住宅を新築した場合、一定の所得の範囲内の方には、すまい給付金が支給されます。すまい給付金の申請は、原則的にご自身で申請いただきます。国土交通省に専用ページがありますが、いきなり読むには情報量が多いので、消費税10%で新築住宅を購入した方向けに簡単にまとめました。
現況非農地に住宅を建築したい場合【非農地証明等】住宅登記
住宅の建て替えなどをする場合において、建築地の一部の登記記録が実は農地だったということがあります。このような場合は、次のような段階を経て住宅建築を進めます。
建売住宅の登記と費用住宅登記
建売住宅の登記については、代金決済日・引渡日から逆算して約2週間前に、施主名義で建物の表題登記を申請します。この表題登記の時に添付する住民票は、引越前の現住所の住民票です。
登記識別情報|再発行不可のパスワード住宅登記
売買、贈与等により土地建物の所有権を取得したときに発行されるのが登記識別情報です。登記識別情報は土地・建物の所有権や抵当権などの権利者に発行される12桁のパスワードです。不動産の権利を有することを証する一つの重要な情報で、万一失くしても再発行されません。
住宅の共有名義|夫婦の資金拠出割合に応じた持分割合住宅登記
住宅を購入する場合、夫婦それぞれでお金を出しているときは夫婦の共有名義にします。計算式は次の通りです。
新築に伴う住所変更(転居又は転出転入)の手続住宅登記
住宅を新築した場合、住所変更の手続きが必要となります。住所変更の手続きは、市内に引っ越す場合の「転居」と市外へ引っ越す場合の「転出・転入」の手続きがあります。
住居表示実施地区では転居前に新築届をご提出ください住宅登記
住所の表記には次の二つの表記があります。
土地を買った・貰った場合の不動産取得税の徴収猶予住宅登記
土地を売買又は贈与等により取得した場合は、不動産取得税が課税されます。所有権移転登記をした日の4~6か月後に県税事務所から納税の案内が届きます。
登記の種類|よく使う11種類の登記住宅登記
司法書士・土地家屋調査士の登記の専門家が、登記実務でよく使用する11種類の登記についてご紹介させて頂きます。
境界に関する覚書住宅登記
土地売買の際や、住宅建築工事において、隣地との境界に越境物等の隣地に影響を及ぼしうる物が存在することがあります。このような隣地境界に関する問題をあいまいにしたまま、土地売買や建築工事を進めると、将来的なトラブルの要因を残すことになります。そこで、隣地境界線上に越境物等の隣地に影響を及ぼしうる物が存する場合は、境界に関する覚書として書面化しておきます。
親名義の住宅を増改築・リフォームする場合の登記住宅登記
住宅ローンを利用して親名義の住宅を増改築・リフォームした場合、何も登記しないと税務署から贈与税の指摘をされることがあります。税務署から見ると「子が親名義の住宅を増改築・リフォーム=子がお金を出して親の財産の価値を増価させた」ということとなり、住宅の名義を変更しないと、工事代金分のお金が子から親に贈与されたとみて贈与税を課税することが考えられるのです。
離婚時の住宅の取扱い|財産分与・売買・贈与住宅登記
夫婦が離婚する場合には、子がいる場合は、子の親権・監護権、養育費の額、住宅の取扱い、年金分割等の様々な取り決めをしておく必要があります。夫婦間で協議が可能な場合は、協議でこれらのことを取り決めるだけでなく、養育費等の履行可能性を強化するためには協議内容を離婚給付公正証書にしておくことが望ましいです。夫婦間で協議ができない場合は、自ら家庭裁判所に調停を申し立てるか、弁護士に依頼して弁護士同士で協議又は調停を進めることとなります。
住宅と住宅用地の固定資産税・都市計画税の軽減住宅登記
固定資産税は、毎年4月下旬ころに課税通知が届く税金です。毎年1月1日時点の土地建物の名義・現況(更地が住宅用地か)に応じて課税されます。都市計画税は、固定資産税とともに、原則として市街化区域の土地建物に課税される税金です。